他のスポーツタイプのタイツとどこが違うの?

加圧エクサパンツはスポーツタイプとはぜんぜん違います。
着用の目的が違うのですから、
構造が違っていて当たり前なんですが、

加圧エクサパンツは加圧とともに、筋肉に負荷を与える構造になっています。
繊維の流れが筋肉の流れに垂直になっているため、
動く時により一層筋肉に負荷をかけます。

また体に圧を加えることで筋肉を刺激し、
自然に筋肉を鍛えているという状況になるのです。

なので、
加圧エクサパンツを履いて、いつもと同じような生活をしているだけで、
消費カロリーがアップし、
筋肉量が増え、基礎代謝も上がるのです。

履いていつもの生活をしているだけで
基礎代謝量が17%も増加したという試験データも得ています。

それに対して
スポーツタイツやコンディショニングウエアと言われるものは
体の負担を軽くするという目的で作られています。

目的が正反対ですね。

いろんなメーカーからスポーツタイツは発売されていますが、
特に有名なのはワコールさんのCW-Xとかですよね。

CW-Xは筋肉に沿ってテーピングのように生地が増強されているので
筋肉や関節を保護してくれますし、
疲労回復効果もあります。

加圧エクサパンツを履いてスポーツをすると
パフォーマンスは下がりますが、筋肉増強に役立ちます。

スポーツタイツを履いてスポーツをすると
パフォーマンスが上がり、疲れにくくなります。

体を鍛えるためには加圧エクサパンツですね。

特に激しい運動ができない、したくないという方、
加圧エクサパンツならほどよく筋肉を刺激するので重宝しますよ。

⇒ヤーマン加圧エクサパンツの詳細はこちら

 

ページの先頭へ

スキャル