運動しなくても食事制限をしなくても痩せられる?!

そんなわけないでしょう。運動もせず、食事も制限なしで食べていたら誰だって太るはず!

ところがカナダの大学の研究で運動しなくても食事制限をしなくても脂肪や糖を燃焼させられるなんて夢みたいなことが
わかったとか。
どういうことかと言うと脂肪や糖を燃焼して熱を作り出す褐色脂肪やブライト脂肪と呼ばれるものが
身体の中にたくさんあってそれらの脂肪が活発に働くことで痩せられるんだそうな。

褐色脂肪とブライト脂肪、これがたくさんあって元気に働けばいいだけ。そうしたら楽して痩せられるという訳です。
褐色脂肪は子供の時にはたくさんあって大人になると減ってしまうので年齢とともに痩せにくくなります。
ではせめてその働きだけでもよくしてやったらいいのでは?
量は少なくてもしっかりはたらいてさえくれれば脂肪や糖を燃焼してくれるはず。
その通りなんですが体内には褐色脂肪やブライト脂肪の働きを阻害する物質も存在していて
その量が多ければ多いほど肥満傾向にあったり糖尿病になりやすくなっているそうです。

その困った物質の名前は末梢セロトニンといいます。
褐色脂肪やブライト細胞の働きを阻んでいるのは末梢セロトニンというホルモンです。
血液の中に末梢セロトニンがたくさんあると
脂肪や糖を燃やしてくれる褐色脂肪やブライト脂肪の働きを阻害するので燃焼できずにエネルギーにもならないのです。

末梢セロトニンは作られる時にトリプトファン水酸化酵素が働くので、つまりはこのトリプトファン水酸化酵素を
抑制すれば末梢セロトニンが作られず、褐色脂肪やブライト脂肪の働きを妨げないので、
脂肪や糖をどんどん燃焼して肥満にならずにすむ!
ということでカナダの大学でトリプトファン水酸化酵素遮断薬の開発を進めているようです。

もちろんそんな薬が開発されれば肥満や糖尿病で苦しむ人にとってはとてもありがたい薬になりますが
ダイエットがなかなか成功しない人にとって喉から手が出るくらいうれしい薬になりますね。
つらい運動も精神的ストレスを伴う食事制限をしなくても
勝手に脂肪や糖が燃えてくれてエネルギーになるというのですから
身体も楽になるしやる気に満ち溢れることでしょう。

はやくそんな薬が開発されてほしいものです。楽しみですね。

お薬ですのでこれから使えるようになっても予期しない副作用の報告とかも出てくるでしょうし、
安全性などの面でクリアしないといけないことも多いと思いますが、
肥満で危険な状態でいることのリスクとの兼ね合いでしょうね。
ちょっと体重を減らしたいから使うとなると薬物依存や覚せい剤のこともふっと頭に浮かびます。

ウォーキングとランニングはどっちがいいの?

ウォーキングとランニングはどちらがいいのでしょう?

痩せるためには?健康のためには?

長い間専門家たちの間でも意見が分かれていたようですが、

おおむね、痩せるにはランニングの方が効果的で
健康のためにはウォーキングの方がいいようです。

消費カロリーを同じとすると
女性の7.4kmのウォーキングに相当するのは
5.15kmのランニングです。

80分のウォーキングは40分のランニングと同じ消費カロリー量です。

ですが、ランニングの方が簡単に痩せるそうで、
BMI28以上の肥満の人では効果が90%もアップするそうです。

ただし、骨や関節を痛めるといったリスクがありますね。

健康面での比較ですが、

高血圧リスクが
ランニングでは4.2%減り、
ウォーキングでは7.2%減ります。

糖尿病リスクは
ランニングで12%減り
ウォーキングでも12%減ります。

コレステロールは
ランニングで4.3%減り
ウォーキングでは7%減ります。

メタボが気になる方はウォーキングがいいですね。

運動習慣がなかった人がいきなり運動をはじめると
あちこち痛くなったり故障したりで運動ができなくなってしまう、
なんてことになってしまったら大変です。

過ぎたるは及ばざるが如しです。
いや、運動の場合は及ばざるの方がまだマシかもしれませんね。

ぼちぼちやりましょう。

1日1時間の運動より30分の運動の方が痩せる?!

健康ではあるがちょっと体重が多めという人で
減量をしたいという人を対象に行った実験で
おもしろい結果が出ています。

1日1時間の運動をした人と
1日30分間、運動した人とでは
どちらが減量できたか、という実験です。

そんなの1日に1時間運動した方が消費カロリーが多いのだから
痩せるに決まっている!

そう思いますよね?

ところが
その実験では
1日に30分で300キロカロリーを消費する運動メニューをこなし、
1時間では600キロカロリーを消費する運動メニューを規定している他は
食事制限などはなかったようです。

まず結果はどうなったかと言いますと、

30分運動したグループは13週間で体重が3.6キロ、
体脂肪が4キロ減りました。

1時間運動したグループは13週間で体重が2.7キロ、
体脂肪は4キロ減りました。

体脂肪は同じぐらい減り、体重は30分運動したグループの方が
減っていたのです。

普通に考えると、1時間運動した方が痩せると思いますが、
なぜこんな不思議な結果になったのでしょうか。

考えられる原因は
1時間運動した人は、たくさん運動をしたので
その分だけお腹がすき、食べる量も増えて摂取カロリーが多かったのではないか、

30分運動した人は、それほど辛い運動でもないので
疲れがそれほどなく、運動以外にも活動的だったのではないか、

ということでした。

ダイエット目的でむやみに運動すればいいものではない
ということでしょうか。

運動すればご飯がおいしいし、
運動したからといってその後に寝ていてはだめですね。

適度な運動がいいようです。
1週間に4時間ぐらいの運動をしましょう。

お腹の脂肪を燃焼させたい!

ダイエットで脂肪を燃焼させてお腹をすっきりとさせたい。
でも
腹筋運動をやっているのに
なかなかお腹まわりが痩せてこない、
ってこと、ありますよね?

腹筋運動って余計な筋肉が付いてしまうために
逆効果になってしまうことがあります。

筋肉の量が多くなることで基礎代謝量が上がり
痩せやすい体質にはなりますが、
お腹にはあまり大きな筋肉は付いてほしくないですね。

できれば筋肉を付けずに脂肪だけ落としたい!
すっきりとくびれたウエストにしたいです。

そんな時にはつらい腹筋運動よりも
もっとすごく楽ちんで効果的な運動があります。

それは
「お腹を引っ込める」こと。

えっ?それって運動?

たったそれだけでお腹まわりがスッキリするの?

かなりあやしいと思われるかもしれませんが、
試しにしばらく実行してみて下さい。
びっくりの効果を実感できるはずです。

苦しい腹筋運動よりもっと効果的です。

簡単なのでいつでもどこでも気が付いた時にできます。
電車に乗っていても、パソコン作業をしていても、歩いている時でも
できます。

姿勢をよくしてお腹をすぼめる感じでグッと引っ込めます。
ひっこめている時間はお好きなように!
回数もお好きなように!

30秒、1分からでも
1日1回でもやってみて下さい。

始める前にウエストサイズを計り、
お腹ひっこめエクササイズを1週間ほど続けた後
もう1度ウエストサイズを計ってみて下さい。

 

ページの先頭へ

スキャル