加圧エクサパンツは激安価格で買っておこう

加圧エクサパンツは脂肪を減らすということではなく
筋肉量を増やすことで、脂肪燃焼しやすい体を作るという事に着眼!

加圧エクサパンツを履くだけで、筋肉が増強されるなんて
信じられないかもしれませんが、 加圧エクサパンツはスポーツ科学の専門家と補正下着のエキスパートが
その開発に携わっています。

補正下着としての機能を持ちながら、
効率よく筋肉に刺激を与え、筋肉量を増やしていけるよう設計されているのです。

一着でふたつの機能を持っている、とても便利なエクササイズパンツが
激安価格で買えるのはこちら

⇒ヤーマン加圧エクサパンツ公式サイト

です。

ヤーマンの公式サイトで購入すると メーカー直販限定特典として、5000円も割り引いた激安価格で
購入することができるのです。

通常14800円(3Lサイズは15800円)のところ
特別価格9800円(3Lサイズは10800円)になっています。

※ 価格が変更になっています。

レディース、メンズともに税抜価格 9334円です。(2015年1月)

(3Lサイズのみ税抜価格 10286円)

加圧エクサパンツはダイエットのため、健康のために購入される方が
とても多く、
2枚、3枚とまとめ買いをされる方もいます。

よさを知ってしまうと使い続けていきたいいいものだということですね。

1年間の無料メンテナンス付きで安心です。

ただ気になるのは
生産が人気に追いついていないことです。

一枚、一枚丁寧に作るためにどうしても生産が追い付かず、
サイズによっては商品到着までに時間がかかることもあります。

お早目の購入をおすすめします。

加圧エクサパンツで無理をせず自然なかたちで
ダイエットや健康管理ができたらうれしいですね。

とにかく脂肪をなんとかしたい!
と、思っていても脂肪を減らすことだけを考えていては
ダイエットは続きません。

脂肪が付きにくい、脂肪を燃焼させやすい体をつくる!
そのために、筋肉量を増やす!

そのために行動する方が続きやすいですよ。

でも
筋肉を増強しろと言ったって
そんなにホイホイ手軽にできるのか、
というのが正直なところ。

筋肉を増やすには、それなりの負荷をかけて持続してトレーニングを
続けなければいけないのでは?

毎日、スクワットや腹筋運動して、
パーベルなんかも使って辛い思いをしながら・・・・。

と、想像するだけでうんざりな気持ちになってしまいますよね?

違うんです。

例えば
背筋を伸ばしているだけでも1か月続ければ1キロ痩せられると
言われています。

ちょっとしたことを続けるだけなんですね。

加圧エクサパンツでちょっとした変化を付けてみて下さいね。

⇒ヤーマン加圧エクサパンツの詳細はこちら

加圧エクサパンツで身体に負荷をかけ老化防止を

できるだけ歳をとりたくない、若さをたもちたい、若く見られたい、そう思わない人はいません。
老化は受け入れなければならないものですができれば若さを保てればそれに越したことはありません。

身体は楽をするほど老化が早くなるようです。適度に刺激を与えることで細胞や器官が元気になります。
加圧エクサパンツは履いて動くことでより負荷がかかる構造なので普段の何気ない動作でも負荷が大きくなります。
適切に加圧エクサパンツを使って老化防止に役立てられたらいいですね。

おすすめしたいのはやはりジョギングです。ちょっとハードかもしれませんが
1週間のうちで2回ほど1時間ぐらい走ると老化防止に役立つようです。

これぐらいの強さの運動と適度な食事量(腹8分目や腹7分目)で空腹感を感じることで
ミトコンドリアという器官が増えてくるそうです。

ミトコンドリアというのは細胞の中にあるものでエネルギーを作る器官です。
ミトコンドリアがたくさんあるとエネルギーがたくさん作られるため疲れにくく壊れた細胞を修復する機能も
高まります。つまり若々しくいられるということです。

ですがこのミトコンドリアは年齢とともに減少してしまいます。なので歳をとると
ちょっと無理をするとなかなか疲れがとれないし、見た目も老けてしまうのです。

若々しさを保つためにはミトコンドリアを増やすこと。つまり運動と空腹感です。
運動しないでいるとミトコンドリアが減ってしまってますます疲れやすく老けてしまいます。

運動習慣がない人は意識して身体を動かすようにしましょう。加圧エクサパンツを履いて普段から身体に負荷をかけておくといいですね。
ミトコンドリアが増えると身体が楽になるので運動するのが楽しくなるかもしれませんよ。

>>> 加圧エクサパンツの詳細はこちら

ポッコリお腹の原因

加圧エクサパンツは履くだけでポッコリお腹に即効威力を発揮!
パンツスタイル、スラックスできれいなシルエットを作ります。

締めつけ過ぎずぶよぶよのお腹でもしっかりと押さえてくれるので
とっても評判ですよ。

服を着てシルエットが美しく見えるのはうれしいですね。

ところでポッコリお腹の原因ですが、脂肪以外にもあります。
食べ物の影響などでよりいっそうポッコリしてしまうことがあります。

お腹が出ていることでなんとなく太って見えてしまうので
食べるものをちょっと調節して、できるだけポッコリを少なくしましょう。

塩分を多く摂りすぎると身体に水分が溜まってしまいお腹も出てしまいます。
ちょっとしょっぱい物を食べるとトイレの回数が減ったりします。
身体が体内の塩分濃度を調節しようとするので
水分を溜めこんで塩分濃度を下げようとします。

塩分を少なくするだけでトイレの回数が増え水分を排出します。
これだけで結構お腹まわりがすっきりしますよ。

ダイエットのためにダイエット食品や人工甘味料を利用している人も多いでしょう。
ところが人の体には自然な物が合っているのです。
人工的なものや化学物質などはお腹の調子を崩す原因にもなります。
ガスも発生しやすくなるのでお腹がガスでポッコリすることに・・・。

飲み物を飲んだり食物を食べたりする時は一緒に空気も飲み込んでいるので
お腹にガスが溜まる原因になります。
おしゃべりしている時にも空気は飲み込みます。
特に炭酸飲料を飲んでいる時は口から空気も一緒に飲み込みやすいので
あまりお腹がポッコリするなら控えた方がいいかも知れません。

そして実は野菜の摂りすぎでお腹がポッコリしていることもあります。
便秘の改善、予防のためにたくさんの野菜を摂ることが良いとされますが
野菜などに含まれる不溶性食物繊維は腸内でたくさんのガスを発生させます。

食物繊維は便のかさを増やし便秘を改善するのに効果的ですが、
腸の動きが弱くなっている時にはたくさんの便が腸に詰まってしまうことも。

野菜をたくさん食べると便通がよくなりお腹がスッキリしそうな感じがしますが
そうならない事もあり、食物繊維がお腹にガスを発生させ
ぽっこりお腹になってしまうこともあるんですね。

こんな時はネバネバした食材の納豆、オクラ、山芋などを摂るようにしましょう。
ネバネバ食材は水溶性食物繊維が含まれ、便通がスムーズになります。



こんな食事の仕方では痩せない

どんなに運動を頑張ってもダイエット効果がでないのは
食事の仕方に原因があるかもしれません。

太りやすい人の食事の仕方には3つのパターンがあるようです。

1:朝食を抜く。

朝起きてすぐには食欲はわいてきませんよね。

時間もないし、とりあえず朝食なしで1日の活動をはじめてしまうと
お昼の食事の時の空腹感がとても強くなり、
空腹感が強いと、食べたいと思うものはスパゲッティだったり、
炒飯だったり、お好み焼きだったり、とにかく主食に目が行き、
野菜やタンパク質の摂取量が必然的に減るようです。

糖質に偏った食事になりやすいので血糖値の上昇につながり
糖尿病のリスクも高まります。

朝食をしっかりと摂るためには
前の日の夕食を早めに、軽めに摂る、
また朝は早めに起きて朝食の時間をとるなどの工夫をしましょう。

2:夜9時過ぎに食事をする。

夜遅くに食事を摂るのは肥りやすくなりますが、
その原因は
食事をした後に活動をしないために体脂肪が付きやすくなる、
夜の方が脂肪細胞に脂肪をため込みやすくなる、
ということです。

1日トータルで同じ摂取カロリーでも
日中に摂取カロリーが多い人より
夜に多く摂る人の方が、体脂肪が蓄積されやすくなるのです。

仕事の都合などで夜遅く食事を取らざるを得ない人も多いと思いますが、
遅い時間にはできるだけ主食や糖質の多い食べ物を避けるようにしましょう。

3:主食を2種類食べる。

1回の食事にラーメンとご飯、お好み焼きとご飯、サンドイッチとラーメン、
こんな感じで主食を2種類摂ることで摂取カロリーがとても高くなります。

食事を用意する時間がない人や、1人暮らしの男性、朝食を抜いている人に
多く見られるパターンです。

主食よりもおかずをしっかりと食べましょう。
おかずの多い定食を選ぶといいですね。

また食事と食事の間の時間が長すぎないようにしましょう。
空腹感を強くしないためです。

ウォーキングとランニングはどっちがいいの?

ウォーキングとランニングはどちらがいいのでしょう?

痩せるためには?健康のためには?

長い間専門家たちの間でも意見が分かれていたようですが、

おおむね、痩せるにはランニングの方が効果的で
健康のためにはウォーキングの方がいいようです。

消費カロリーを同じとすると
女性の7.4kmのウォーキングに相当するのは
5.15kmのランニングです。

80分のウォーキングは40分のランニングと同じ消費カロリー量です。

ですが、ランニングの方が簡単に痩せるそうで、
BMI28以上の肥満の人では効果が90%もアップするそうです。

ただし、骨や関節を痛めるといったリスクがありますね。

健康面での比較ですが、

高血圧リスクが
ランニングでは4.2%減り、
ウォーキングでは7.2%減ります。

糖尿病リスクは
ランニングで12%減り
ウォーキングでも12%減ります。

コレステロールは
ランニングで4.3%減り
ウォーキングでは7%減ります。

メタボが気になる方はウォーキングがいいですね。

運動習慣がなかった人がいきなり運動をはじめると
あちこち痛くなったり故障したりで運動ができなくなってしまう、
なんてことになってしまったら大変です。

過ぎたるは及ばざるが如しです。
いや、運動の場合は及ばざるの方がまだマシかもしれませんね。

ぼちぼちやりましょう。

1日1時間の運動より30分の運動の方が痩せる?!

健康ではあるがちょっと体重が多めという人で
減量をしたいという人を対象に行った実験で
おもしろい結果が出ています。

1日1時間の運動をした人と
1日30分間、運動した人とでは
どちらが減量できたか、という実験です。

そんなの1日に1時間運動した方が消費カロリーが多いのだから
痩せるに決まっている!

そう思いますよね?

ところが
その実験では
1日に30分で300キロカロリーを消費する運動メニューをこなし、
1時間では600キロカロリーを消費する運動メニューを規定している他は
食事制限などはなかったようです。

まず結果はどうなったかと言いますと、

30分運動したグループは13週間で体重が3.6キロ、
体脂肪が4キロ減りました。

1時間運動したグループは13週間で体重が2.7キロ、
体脂肪は4キロ減りました。

体脂肪は同じぐらい減り、体重は30分運動したグループの方が
減っていたのです。

普通に考えると、1時間運動した方が痩せると思いますが、
なぜこんな不思議な結果になったのでしょうか。

考えられる原因は
1時間運動した人は、たくさん運動をしたので
その分だけお腹がすき、食べる量も増えて摂取カロリーが多かったのではないか、

30分運動した人は、それほど辛い運動でもないので
疲れがそれほどなく、運動以外にも活動的だったのではないか、

ということでした。

ダイエット目的でむやみに運動すればいいものではない
ということでしょうか。

運動すればご飯がおいしいし、
運動したからといってその後に寝ていてはだめですね。

適度な運動がいいようです。
1週間に4時間ぐらいの運動をしましょう。

2 / 41234
 

ページの先頭へ

スキャル