こんな食事の仕方では痩せない

どんなに運動を頑張ってもダイエット効果がでないのは
食事の仕方に原因があるかもしれません。

太りやすい人の食事の仕方には3つのパターンがあるようです。

1:朝食を抜く。

朝起きてすぐには食欲はわいてきませんよね。

時間もないし、とりあえず朝食なしで1日の活動をはじめてしまうと
お昼の食事の時の空腹感がとても強くなり、
空腹感が強いと、食べたいと思うものはスパゲッティだったり、
炒飯だったり、お好み焼きだったり、とにかく主食に目が行き、
野菜やタンパク質の摂取量が必然的に減るようです。

糖質に偏った食事になりやすいので血糖値の上昇につながり
糖尿病のリスクも高まります。

朝食をしっかりと摂るためには
前の日の夕食を早めに、軽めに摂る、
また朝は早めに起きて朝食の時間をとるなどの工夫をしましょう。

2:夜9時過ぎに食事をする。

夜遅くに食事を摂るのは肥りやすくなりますが、
その原因は
食事をした後に活動をしないために体脂肪が付きやすくなる、
夜の方が脂肪細胞に脂肪をため込みやすくなる、
ということです。

1日トータルで同じ摂取カロリーでも
日中に摂取カロリーが多い人より
夜に多く摂る人の方が、体脂肪が蓄積されやすくなるのです。

仕事の都合などで夜遅く食事を取らざるを得ない人も多いと思いますが、
遅い時間にはできるだけ主食や糖質の多い食べ物を避けるようにしましょう。

3:主食を2種類食べる。

1回の食事にラーメンとご飯、お好み焼きとご飯、サンドイッチとラーメン、
こんな感じで主食を2種類摂ることで摂取カロリーがとても高くなります。

食事を用意する時間がない人や、1人暮らしの男性、朝食を抜いている人に
多く見られるパターンです。

主食よりもおかずをしっかりと食べましょう。
おかずの多い定食を選ぶといいですね。

また食事と食事の間の時間が長すぎないようにしましょう。
空腹感を強くしないためです。

ウォーキングとランニングはどっちがいいの?

ウォーキングとランニングはどちらがいいのでしょう?

痩せるためには?健康のためには?

長い間専門家たちの間でも意見が分かれていたようですが、

おおむね、痩せるにはランニングの方が効果的で
健康のためにはウォーキングの方がいいようです。

消費カロリーを同じとすると
女性の7.4kmのウォーキングに相当するのは
5.15kmのランニングです。

80分のウォーキングは40分のランニングと同じ消費カロリー量です。

ですが、ランニングの方が簡単に痩せるそうで、
BMI28以上の肥満の人では効果が90%もアップするそうです。

ただし、骨や関節を痛めるといったリスクがありますね。

健康面での比較ですが、

高血圧リスクが
ランニングでは4.2%減り、
ウォーキングでは7.2%減ります。

糖尿病リスクは
ランニングで12%減り
ウォーキングでも12%減ります。

コレステロールは
ランニングで4.3%減り
ウォーキングでは7%減ります。

メタボが気になる方はウォーキングがいいですね。

運動習慣がなかった人がいきなり運動をはじめると
あちこち痛くなったり故障したりで運動ができなくなってしまう、
なんてことになってしまったら大変です。

過ぎたるは及ばざるが如しです。
いや、運動の場合は及ばざるの方がまだマシかもしれませんね。

ぼちぼちやりましょう。

気になる口コミや感想をチェック!

実際に加圧エクサパンツを履いて生活している人や
運動している人の口コミや感想はどんなものなのか
とても気になるところです。

いくつかご紹介したいと思います。
効果を想像してみてくださいね。

加圧エクサパンツの口コミ・感想】

下半身のリンパの流れが悪くて、いつも足が冷え、
下半身が太かったのですが、
数日着用しただけで、下半身のむくみがよくなりました。

コリコリリンパもちょっと良くなってきたみたいです。

・・・・・・・・・・・・

締めつけ感もなく、1日中履いていられます。

暑い夏でも大丈夫でした。

・・・・・・・・・・・・

半年ぐらいたちますが、お腹まわりが8センチも減りました。

効果あり!!!

・・・・・・・・・・・・

締まっているという履き心地で
ジーンズをスッキリと履くことができます。

・・・・・・・・・・・・

はじめはお腹がきつかったのですが3日ほどで慣れました。

普段と同じ動作でも
夕方には太もも、すねの後ろの筋肉が張っているのがわかります。

まだ体重は変わっていませんが、筋肉にはよさそうです。

・・・・・・・・・・・・

これを履いただけで特別な運動をしていないのに
太ももが1週間もたたないうちに2cm減りました。

個人差はやはりあると思いますが、
私みたいな脂肪の多い足には効果があると思います。

補正下着やガードルの締めつけ感が苦手という方も
加圧エクサパンツなら適度な締めつけ感で
1日履いていられるのでよかったといった感想も目立ちますね。

冬は防寒着代わりに着用している方もいました。

夏に履いていられるか、履いていられないかは
人それぞれ、

暑がりの方もいれば、冷え性の方もいるので
無理をなさらずに・・・・・。

ただ、
加圧エクサパンツを履くとよく汗が出るので
ダイエット効果は上がるでしょうね。

⇒ヤーマン加圧エクサパンツの詳細はこちら

加圧エクサパンツの特徴

加圧エクサパンツは体型補正とエクササイズのふたつの効果で
とても人気のロングセラー商品です。

加圧エクサパンツを履くとすぐにきれいなシルエットに!

ぽっこりしたお腹やたるんだヒップ、足を適度な締めつけで補正し、
履いてすぐ細くなれるのでいろんなオシャレが楽しめます。

16もあるパーツがそれぞれ体の各部分に
ぴったりとフィットするように設計されており、
30年も補正下着を作り続けてきたベテラン職人のパターンを採用し、
日本でひとつひとつ丁寧に作られています。

海外での大量生産ではないため
生産が間に合っていないのがちょっと困ることろではありますが、

これもしっかりした品質で、との
妥協のない、こだわりの製品を作っているという証でもありますね。

加圧エクサパンツの生地はアクアジョブという
吸湿・速乾性に優れた素材を使用しています。

ムレもなく、サラッとした履き心地で、
1年中履くことができます。

伸縮性にも富んでいるので快適に履いていられます。

足首からウエストにかけて
5段階着圧変化(40デニールから900デニール)でぎゅっと引き締め、
筋肉に効果的に負荷を与えます。

加圧エクサパンツを履いてウォーキングに出かけられてはいかがですか?

最近はウォーキングウエアのカラフルで楽しくなっていますね。
ファッションを楽しみながら、ウォーキングで気持ちよく汗をかき、
新陳代謝を高めて、老廃物もスッキリさせましょう。

加圧エクサパンツを履くと汗がすごく出るんですよ。
美肌効果も期待できそうですね♪

⇒ヤーマン加圧エクサパンツの詳細はこちら

他のスポーツタイプのタイツとどこが違うの?

加圧エクサパンツはスポーツタイプとはぜんぜん違います。
着用の目的が違うのですから、
構造が違っていて当たり前なんですが、

加圧エクサパンツは加圧とともに、筋肉に負荷を与える構造になっています。
繊維の流れが筋肉の流れに垂直になっているため、
動く時により一層筋肉に負荷をかけます。

また体に圧を加えることで筋肉を刺激し、
自然に筋肉を鍛えているという状況になるのです。

なので、
加圧エクサパンツを履いて、いつもと同じような生活をしているだけで、
消費カロリーがアップし、
筋肉量が増え、基礎代謝も上がるのです。

履いていつもの生活をしているだけで
基礎代謝量が17%も増加したという試験データも得ています。

それに対して
スポーツタイツやコンディショニングウエアと言われるものは
体の負担を軽くするという目的で作られています。

目的が正反対ですね。

いろんなメーカーからスポーツタイツは発売されていますが、
特に有名なのはワコールさんのCW-Xとかですよね。

CW-Xは筋肉に沿ってテーピングのように生地が増強されているので
筋肉や関節を保護してくれますし、
疲労回復効果もあります。

加圧エクサパンツを履いてスポーツをすると
パフォーマンスは下がりますが、筋肉増強に役立ちます。

スポーツタイツを履いてスポーツをすると
パフォーマンスが上がり、疲れにくくなります。

体を鍛えるためには加圧エクサパンツですね。

特に激しい運動ができない、したくないという方、
加圧エクサパンツならほどよく筋肉を刺激するので重宝しますよ。

⇒ヤーマン加圧エクサパンツの詳細はこちら

 

ページの先頭へ

スキャル